製造の流れ

ダイカストの総合メーカー株式会社ナガエでは、最新鋭のダイカスト設備で、さまざまな製品の鋳造を柔軟に対応します。
ご注文から納品までの一連の流れをご紹介します。

ご注文

製品のご注文確定後、スムーズな製造に入れるよう担当者がお客さまと入念に打ち合わせを行います。

開発支援

デザイン・設計の開発支援から、3D-CADよる設計検証と流体解析による最適金型設計を行います。

生産管理

納期に合わせた最適な生産計画で、各工程間をフレキシブルに結びます。

量産品金型

初回試作を経て製品の寸法検査、製品外観面の加工目残り、鋳造性などを評価し、お客さまの承認を得て実践投入します。

素材溶解

インゴットをルツボで溶解します。アルミ・亜鉛・真鍮・アルミ特殊材などを取り扱っています。

鋳造

溶解した溶湯をダイカスト成型機に高圧力で注ぎ込み鋳造します。

トリミング

鋳造後、湯道(ゲート)やオーバーフロー部など不要部分を取り除きます。

バリ取り・ショット仕上げ

ショットブラストで、細かな不要部分(バリ)を製品から取り除きます。
※ショットブラスト=小さな金属粒を製品に当てるバリ取り手段。

加工

機械加工・プレス加工はもちろん、塗装・メッキ・研磨など多彩な仕上げ加工も可能です。

調達・組立

副資材や樹脂材なども当社で調達し、組立をします。

試験・検査

最新の万能試験機、3D測定器を導入し製品に求められる条件を検査します。

出荷

お客様のもとに、完成した製品・商品をお届けします!

ダイカスト製品についてのお問い合わせはお気軽に!

見積もり依頼、ロット数、納期、こんな商品が作りたい、実現可能かどうかなど
些細なことでもお気軽にメールやお電話で、お問い合わせください。

お問い合わせ