お見積りの相談

お知らせ

おもむろに現場写真を上げていくシリーズ その1

931287_463321427077599_148818919_n


第一弾は、高岡のどこかの鋳物屋さんの壁。
私が唯一理解できるのは「坩堝(るつぼ)」(金属を溶かすために使う容器のこと)だけですが…

銅器の町、高岡は400年の歴史があります。その間、職人さんたちが、技術を磨いてこられました。そのおかげで、高いの鋳造・加工技術が今も引き継がれています。鋳造に関する全ての工程が、市内で可能なのです。
そんな銅器の町なので、町を歩いていると、こんな不思議な光景に出くわすこともあるかもしれませんよ。


A Snapshot of Manufacturing Floor: a wall at a foundry in Takaoka
Can you break this code in the picture? Only word I get is ‘crucible’, a container used for melting metallic materials.

Takaoka is renowned for its metalwork, produced by an industry dating back more than 400 years. As the local artisans have developed a wide range of casting techniques, the city has top-quality casting and processing techniques. All the skills required at each step can be found here.

When you take a walk in Takaoka, you might bump into a strange code like the above picture.

更新日: 2013年04月25日